AA vs AK

 

こちらの手は2007年ワールドシリーズ初日の手です。
AAでオープンレイズしたあとにJoe Hachem(ジョー・ハシム2005年ワールドチャンピオン)がAKでRe-raise(リレイズ). 当然、AAはAll-in(オールイン).
運の悪いことにFlop(フロップ)でAKはストレートを作ってしまうのです。
残念な結果でしたがAAを持っていて一番対戦したい手がAKです。
%を見ていただければわかりますが、86% VS 14%はPre-flop(プリフロップ)の時点では一番差があるパーセンテージの割合です。 また余談ですが、Pre-flop(プリフロップ)で100% VS 0%の割合は存在しません。
つまりAAは最強の手ですが、状況によってどの2カードの手にも負ける可能性があるということを忘れないでください。


>>このページの一番上に戻る▲

KK vs JJ

  • 2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。

AK vs Aj vs 22

  • こちらも2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。

QQ vs 42

  • これは2008年ワールドシリーズ初日の最後の手のフィーチャーです。

AK vs 88

  • 2007年ワールドシリーズ。6500人以上のエントリーから、残り100人ぐらいの時の手です。

KK vs QQ

  • ヨーロッパのトーナメントです。

PCA carribean

  • これは2008年Pokerstars開催のカリブ大会。 トーナメントの後半でフィーチャーされた3つの手です。

JJ vs 99

  • こちらのHandはEPT(ユーロポーカー大会)の手です。

JJ vs J10

  • こちらはEPTのポーカースターズ大会。

ACES(エース)の活かし方

  • ホールデムポーカーで一番強いスターティングハンド。それはエースのペアです。 さまざまな状況でのAAのプレイをこれから紹介します。
    Holdemで一番強い手でありながら初心者の多くはプレイの仕方を間違えています。 その為AAのいろんな場面を見ていただいて、より効率的にAAでお金儲けしてください。ただし時には降りることが最良の選択の時があります。では紹介します。

AA vs AK

  • こちらの手は2007年ワールドシリーズ初日の手です。

AA vs QQ

  • 2007年ワールドシリーズ終盤の手です。

AA vs AK

  • こちらはまたワールドシリーズの初日の映像です。

AA vs 33

  • 2007年ワールドシリーズ初日のトーナメントがスタートして間もない場面。