AK vs Aj vs 22

 

こちらも2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。
22を持っている方はトッププロのDaniel Negreaneu(ダニエル・ネグラーニュ)
このように"セット"(スリー・オブ・ア・カインド)が入った上で相手が大きいペアを作ると大きい利益が見込まれます。
このようなうれしい状況は慎重にベットして行くべきです。
今回は結構簡単に相手からチップを巻き上げることができています。

まずAKがベット。
AJがチップ少ないためALL-IN(オールイン)。
ALL-INの額はネグラーニュのチップスタック(手持ちのチップ額)の約1/3に相当する額のため下手に彼もAll-INするより普通にCall(コール)してAKの相手の様子を見る選択をされてます。
案の定、AKもALL-INしてAKの手持ちの額は56000ぐらいでネグラーニュのチップスタックとほぼ同じ額でした。
このように2人がALL-INして異なる総額のチップスタックの場合サイドポット(AJのプレーヤーを含む3人のポットと、AK vs 22のプレーヤーしか権利の無いサイドポットができます。
オンラインのトーナメントの場合、コンピューターが自動的に分けてくれます。

2つ目の手はネグラーニュがQ10持っていて、相手がAAを持ってます。
ネグラーニュは2.5倍のレイズ(1200のBBに対して3000のベット)のあと相手(AA)は9000にリレイズ。これをネグラーニュはCall(コール)します。
そのあとFlop(フロップ)はQ、5,4と出てきて相手がベットする前に(動画の3:35ぐらいの時点です)ネグラーニュは
(I think u got AA)  "あなたはAA持っていると思う"
と一言いうのです。それを言われたあと21000のポットに12000ベットをしてくるのです。
これを普通にコールして動画の3:56ぐらいの時点で相手を弄ぶかのように
(Give him an Ace)  "あいつにエースをやってくれ" と言っています。
AAのプレーヤーは動揺したのかTurn(ターン)で2が出てきてチェックをするのです。そして動画の4:15の時点で
(Why would you check your Ace)  "なんでAAをチェックするの"
と相手に聞いてるのです。最後に笑いながら
(I had a Queen)  "おれはQueenを持ってたんだ"
と笑いながら相手のAAを見て終わる手です。この手はこのように終わりましたが、なぜネグラーニュはこのようにこの手をやったかちゃんと理由があります。
ネグラーニュのようなトッププロは相手のしぐさ、ベットの額などの情報から高い確率でどのような手を持ってるかがわかるのです。
そのためこのようにテーブルのみんなに "おれはアナタ達がなにを考えているのかがわかるんだよ!!" と示すことによって相手に恐怖感を与えているのです。
これによってネグラーニュの相手は手を作ってない限りベットしてこない状況をネグラーニュが作る事に成功したのです。
すなわち、ネグラーニュがテーブルを支配する事に成功したのです。

そして最後の手はちょっと運が悪かったですね。ネグラーニュと相手は最後までチェックしていて最後に相手はFlush(フラッシュ).
ネグラーニュはストレートを作ってしまうのです。 またネグラーニュの独り言で興味深いことを言っていました。
(I got a hand I can't just call with)  "コールする事ができないよ~"
と言っているのです。 なぜコールできないか? 相手が最後のスペードの5でベット。 そしてネグラーニュはレイズ。
さらにまた相手はリ・レイズされた時点でネグラーニュは困惑してたのです。 最後にストレートを作って、ただコールしてたらもったいないです。
だから彼はレイズをするのです。 ただこのようにRe-raise(リレイズ)されたネグラーニュは見事に相手はFlush(フラッシュ)であると読み、降りる事を選択しました。


>>このページの一番上に戻る▲

KK vs JJ

  • 2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。

AK vs Aj vs 22

  • こちらも2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。

QQ vs 42

  • これは2008年ワールドシリーズ初日の最後の手のフィーチャーです。

AK vs 88

  • 2007年ワールドシリーズ。6500人以上のエントリーから、残り100人ぐらいの時の手です。

KK vs QQ

  • ヨーロッパのトーナメントです。

PCA carribean

  • これは2008年Pokerstars開催のカリブ大会。 トーナメントの後半でフィーチャーされた3つの手です。

JJ vs 99

  • こちらのHandはEPT(ユーロポーカー大会)の手です。

JJ vs J10

  • こちらはEPTのポーカースターズ大会。

ACES(エース)の活かし方

  • ホールデムポーカーで一番強いスターティングハンド。それはエースのペアです。 さまざまな状況でのAAのプレイをこれから紹介します。
    Holdemで一番強い手でありながら初心者の多くはプレイの仕方を間違えています。 その為AAのいろんな場面を見ていただいて、より効率的にAAでお金儲けしてください。ただし時には降りることが最良の選択の時があります。では紹介します。

AA vs AK

  • こちらの手は2007年ワールドシリーズ初日の手です。

AA vs QQ

  • 2007年ワールドシリーズ終盤の手です。

AA vs AK

  • こちらはまたワールドシリーズの初日の映像です。

AA vs 33

  • 2007年ワールドシリーズ初日のトーナメントがスタートして間もない場面。