KK vs QQ

 

ヨーロッパのトーナメントです。 非常に難しい手ですが、見事にKKのプレーヤーが降りることができました。
このようにKKを持っていてFlop(フロップ)の時点でQ、7、3、と出てきて ベットしたあとにQQQがRaise(レイズ).
大抵この状況で相手はAQ,KQ,もしくはFlush(フラッシュ)狙いが一番ありえる手になりますが、KKのプレーヤーは
"今、自分は負けている"
と判断して大怪我を免れる事ができました。
ただオンラインのトーナメントをやっていて頻繁にRaise(レイズ)する相手でしたら、自分がKKを持っているプレイヤーでしたら早くAll-IN(オールイン)するべきです。

また自分が逆にQQQ側でしたら、できるだけ相手からChip(チップ)を搾り出す事をおすすめします。


>>このページの一番上に戻る▲

KK vs JJ

  • 2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。

AK vs Aj vs 22

  • こちらも2008年ワールドシリーズメインイベント大会でのハンドです。

QQ vs 42

  • これは2008年ワールドシリーズ初日の最後の手のフィーチャーです。

AK vs 88

  • 2007年ワールドシリーズ。6500人以上のエントリーから、残り100人ぐらいの時の手です。

KK vs QQ

  • ヨーロッパのトーナメントです。

PCA carribean

  • これは2008年Pokerstars開催のカリブ大会。 トーナメントの後半でフィーチャーされた3つの手です。

JJ vs 99

  • こちらのHandはEPT(ユーロポーカー大会)の手です。

JJ vs J10

  • こちらはEPTのポーカースターズ大会。

ACES(エース)の活かし方

  • ホールデムポーカーで一番強いスターティングハンド。それはエースのペアです。 さまざまな状況でのAAのプレイをこれから紹介します。
    Holdemで一番強い手でありながら初心者の多くはプレイの仕方を間違えています。 その為AAのいろんな場面を見ていただいて、より効率的にAAでお金儲けしてください。ただし時には降りることが最良の選択の時があります。では紹介します。

AA vs AK

  • こちらの手は2007年ワールドシリーズ初日の手です。

AA vs QQ

  • 2007年ワールドシリーズ終盤の手です。

AA vs AK

  • こちらはまたワールドシリーズの初日の映像です。

AA vs 33

  • 2007年ワールドシリーズ初日のトーナメントがスタートして間もない場面。